笹原内科医院 大町 秋田 秋田市 秋田駅 内科,消化器内科

動脈硬化のスクリーニング検査
~VaseraVS-1000~

検査は簡単!血圧を測定する要領で、わずか5分程度で検査終了。
結果もすぐにわかります。高血圧、糖尿病、脂質異常などの生活習慣病で治療中の方、
動脈硬化のスクリーニング検査にご相談ください。

 

 


動脈の硬さ(肥厚,石灰化,硬化)の評価にCAVI
心臓(Cardio)から足首(Ankle)までの血管 (Vascular)の硬さを表す指標(Index)です。血管壁を伝わる脈波の速度を利用し、算出しています。更にCAVIでは、これまで問題として あった血圧依存性を排除しており、血管そのものの硬さを診断できます。
動脈の詰まり(狭窄,閉塞)の評価にABI

健常者では四肢の血圧を測定すると、足首の血圧が上腕の血圧より同じか少し高くなります。しかし、下肢に狭窄や閉塞がある場合、足首の血圧は低くなります。

 

 

 

24時間にわたる厳格な血圧管理のために


高血圧治療ガイドラインJSH2009では24時間血圧計測の臨床的意義がより強調されています。
今や、高血圧診療ではABPMによる24時間にわたる血圧管理が重要になっています。

24時間血圧測定のポイント (高血圧ガイドラインJSH2009,第2章p8,POINT 2aより一部引用)

  1. 家庭血圧、および自動血圧計による24時間自由行動下血圧測定は、
    高血圧、白衣高血圧、仮面高血圧の診断と薬効、薬効持続時間の判断に有用
    であり、
    日常診療の参考とする。
  2. 高血圧診療では、仮面高血圧、白衣高血圧の存在を常に意識する。
    これに加え治療抵抗性高血圧の診断と治療のために、家庭血圧測定あるいは、
    24時間自由行動下血圧測定は不可欠である。
  3. 高血圧診療では、血圧日内変動パターン(non-dipper,riser,dipperなど)や
    夜間高血圧、早朝高血圧、職場高血圧などに対しても注目する。

ポイントはコンパクトサイズと検査の清潔さ


ここまでサイズが小さくなったことで、検査を受ける患者さんにとっては負担が大幅ダウン。
これまで腰ベルトに携帯していた検査スタイルから
衣類内にすべて装着するスタイルに変わったことで、検査していることを忘れてしまうほど。